20160828155026

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 

フィリピンの意味不明

 

昨日は、日本人の方からフィリピンの永住権の事で相談の電話がありまして、フィリピン女性と結婚しフィリピン妻が知り合い通じてフィリピンの永住権の申請を済ませたらしく永住権の申請の際、基本的にフィリピンへの滞在期間を1年間義務付けられます。

ただし、フィリピン国外に出る場合、申請すれば国外へ出ることを許可して頂けるのです。

1年間のフィリピン滞在についてはフィリピンの国側として、申請した本人がフィリピンへ永住させる許可の審査期間となりまして、本人が何らかの刑事上の問題などその他トラブル等の事件を起こせば1年後の審査結果でフィリピン永住権の申請は無効となり永住権申請の際、支払いした費用ももどりません

今回、相談を頂いた方が1年間フィリピンへ滞在を何事も無く済ませフィリピン永住権の許可をもらうために公共機関へ出向き話をした所、許可が降りず困り相談してきたのですが、何時ものごとく私が知り合い通じ調べたのですが、意味不明な問題で書類がどこかで無くなってるのです。

そのため永住権を取ることが出来ず無効になったわけであります。

このような問題は永住権申請にかかわらずフィリピンの公共機関では良くある話で、その件を追求しても何も解決しないという馬鹿げた問題がしばし有ります。

今回、相談をしてきた日本人の方のフィリピンの永住権申請も白紙の状態になり最初から申請を取りなおすという結果になりましてね

私が引き受けたのです。

私のコネを使い申請書の提出の際、支払った費用代金の領収書が本人が持ってましたので、其れを突き付け一切の本人がわの必要書類を再度、提出せず事を進める事にフィリピン側へ合意させました。

詳しくは申し上げれませんが、永住権申請も私の采配で普段と違うルートから短期間に申請の許可をいただけるようになり日本人男性も大変喜び全てが解決付いたということです。

しかし無駄な費用も掛りましたが、仕方ないことで初めから私がすれば問題はないのですが、1年間の様子見となりますので、1年後に初めて解るというフィリピンでの永住権所得も安心できないという事が現実なのですね

 

フィリピンでの各申請書類の許可に安心できない

 

色々と有るのですが申請書るなどを出す際、窓口での受け取りした本人の良し悪しの事も考えられ又、その後の申請書類の流れの問題も有り意味の分からない申請書の紛失など他、申請書類の問題があるとか訳の分からない事を言われることも良く有ります。

そのため私は申請書類関係には、普通の申請の出し方をしません

其れにより確実に申請書類が上に行き渡り必ず許可を下ろすという方法でしているのです。

何故なら下っ端のすることに信用出来ないからです。

私も申請書類で昔、同じような問題が有り泣き寝入りしたことから自分なりのフィリピンで無駄なお金を使いしがらみを作るという事をして、今では無駄なお金が皆さんへ役立ってるというおかしな事になってるのですよ

しかし各申請書類も結果が良しと出れば問題ないことで、フィリピンではコネを持つことが第一の安心感に繋がるという現実、昔も今も日本では考えられない公共機関での処理となってるのです。

 

基本出来ないことが出来る国

 

f:id:philippines-manila:20160828113713j:plain

 

詳しく書けませんがあしからず。フィリピンでは、基本的に各国の認めた申請書類などを申請する際、必要書類の提出とありますが、これも・・・なのですよ

不思議な国フィリピンですよ

どのような事でも人を知れば・・・で済むのですから、私は良くフィリピンでの地位の有る方と食事などしますが、色々な話を聞くと驚くことが有りまして、コネがない方の無駄な動力、無駄な費用を感じることも有ります。

しかし私、日本人としてはどうする事もできないため仕方有りませんが、無駄な動力、無駄な費用だけは、避けるという事で日々、日本人の方、一般のフィリピン人の方へ役に立てるようフィリピン人の色々な方とお会いしてるわけであります。

 

まとめ

 

過去にも記事に書いていますが、道理で通らない事も可能にしたり、普段マニュアル通りに行かないのがフィリピン国なのです。

全てでは有りませんが、馬鹿げた話では有りますが、申請書類などの許可にたどり着けないという事自体を全て可能にすることがおかしな話で、日本では普通誰でも出来ることを私がしてる事自体馬鹿げた話でもああります。

 

ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします。

ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村